自由ライフ満喫中ブログ

チャーリーマンガーの「勉強さえしていれば働かなくてもよい」という言葉を信じて日々精進しています。

レシートがお金になります 小銭を最短で稼ぐ方法 アプリ紹介「code」 

先日はネオモバの話をして
1株ずつ投資する方法を紹介しました。


投資額が少額で済む
ということで
小銭でもあれば投資することができます。


chees007.hatenablog.com





なので、例え数千円でも
投資に回せれば回していきたいですね。


私も数年前から実践しているんですが
数千円でも、本業の仕事以外にも
自宅にいて小銭を稼ぐことができます。


少し前に、アンケートに回答したり
広告を見たりしてポイントに貯めて
現金やアマゾンポイントに換金できる
ポイントサイトについてつぶやきました。

これはGETマネーというサイトで
換金したときのことです。


たかだか1013円だと思うかもしれませんが
他にも複数のサイトから
定期的に換金していると
1回あたり豪華なランチが行けるくらいの金額になります。


今回はこのように小遣いが稼げる方法を紹介します。


重要視するのは、小銭最短で!です。


今回紹介するのなスマホのアプリで使えるCODEというアプリです。

f:id:chees007:20200506084706j:plain

アンケートで答えたり、広告を見たりとかではなく
自分の買い物をした分だけポイントになるアプリです。


ポイントは、もちろん現金に換金できますし、
アマゾンポイント等にも換金できます。


やり方は、日用品でも何でもいいので
買い物をしたら、レシートの写真を撮り
その後買った商品のバーコードを読み取ります。


簡単に言うと、たったそれだけの作業です。


やり方を説明すると
画像の右下の+のアイコンをタップした後
買い物登録してポイントGETボタンをタップすると
カメラ画面になります。

f:id:chees007:20200505223242j:plain

このようなカメラ画面になるので
レシートの全体の写真を撮ります。
レシートが長い場合は
何回か分けて撮ることもできます。

f:id:chees007:20200505224739j:plain

レシートの写真を撮った後は
このような画面になるので
あとは買った商品のバーコードを
どんどん読み取っていくだけです。


ポイントは1つの商品につき
1ポイントの物もあれば
1つで10ポイントになるものもあるので
そこは運ですね。


全てを入力して終了させると
この下の写真のようにポイントが貯まります。

f:id:chees007:20200506085401j:plain


左のポイントが現在の保有ポイントで
入力した後はしばらく右のように
一旦承認待ちになります。


これは不正がないか確認するため
(そこらへんで拾ったレシートで適当に入力したり等)
だと思われますが、ポイント反映まで
2、3日で済むので案外早いです。


【日常で活用すると、すごくポイントが貯まる】


生活必需品等、普段から買い物をするときに
このようなアプリを活用すると
気づいたらかなりポイントが貯まっています。


普段スーパーで買い物をすることが多い主婦の方も
毎回これを使って入力するだけで
お小遣いを貯めることができます。


私も以前、会社の人に教えてあげたんですが、
帰って嫁さんに教えてあげたらしく
嫁さんがおもしろがって使っているようです。


やはり女性の方が
普段買い物する機会が多いと思いますし、
目に見えてポイントが貯まっていくのと
なにより、アプリで簡単に使えるということが
継続してできるのだと思います。


私はコンビニでお菓子を1個買っただけでも
秒で終わるため即座に入力してます。

(カウンターコーヒー等、バーコードがない物は無理なので注意)


冒頭でも話したように、
貯まったポイントは
アマゾンポイント等の様々な物に換金できます。
(現金はpex経由する必要があります)

f:id:chees007:20200506091159j:plain


とにかく簡単で機材がいるわけでもなく
換金までスマホ1台で簡潔してしまうので
非常に簡単に小銭を稼げると思います。


貯まったポイントを現金化して
ネオモバ投資しても良し
アマゾンポイントに換金して
何か買い物しても良し。
お小遣いなので何に使っても良いわけです。


興味がある人は是非使ってみてください。




配当金を増やしたいならこちらから!



優待銘柄を探すにはこちらから





 最後まで読んでいただきありがとうごさいます。
参考になりましたら、クリックお願いします。このブログでセミリタイアという言葉自体を広めていきたいので、
クリックしていただけると幸いです。

↓  
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村