普通のサラリーマンでも投資で自由になるためのブログ

チャーリーマンガーの「勉強さえしていれば働かなくてもよい」という言葉を信じて日々精進しています。

今年も不労所得生活を目指して 2019年 1月配当合計

年が変わり今年も配当金が入金されています。

 

リートと外国株になります。

(外国株)

フィリップモリス    14059円

アルトリアG      16606円 

エストパック銀行   6439円

ナショナルグリッド   3645円

グラクソスミスクライン  3315円

 

(リート)

スターツプロシード   3315円

 

合計 47379円

 

特に深い意味はなく、

今の段階で何となく月5万円ずつくらいあれば

気分的にも良い気がしますが

一歩届かず。

 

最近はタバコ株が暴落しているので

買い増しを検討したいところですが、

ポートフォリオのタバコ株の割合がかなり増えてしまうので

バランス的に悩ましいところ。

 

過去の歴史を見ても

タバコ株は悪いニュースが流れることが多く

何度か暴落を繰り返しています。

 

そのことを考えると

割合が偏りすぎないように気をつけ

買い増しも進めていきたいと思います。

 

実際、現在もアルトリアGを買い増ししようか検討中です。

 

優良企業であることが前提の話になりますが

株が下がった時に買うのが当たり前のことです。

 

タバコ株以外にも去年の末から1月までにかけて

世界的に株価が暴落しました。

 

タイミング投資は難しいと言われますし

実際そのような暴落に襲われると

その時は底無し沼にハマるような感覚になり

投資することを躊躇してしまうものです。

 

今年はただでさえ安定しない相場が予想されますし

暴落時に間違っても無駄に狼狽売りをしないように

去年以上にキャッシュポジションに気をつけ

いざというときは、すぐに買い出動できるようにしておきたいです。

 

もちろん配当収入も再投資にあてることとします。

 

それが富裕層、不労所得生活に近づくための

行動だと信じています。