自由ライフ満喫中ブログ

チャーリーマンガーの「勉強さえしていれば働かなくてもよい」という言葉を信じて日々精進しています。

インフラ投資について

先日もタカラレーベンインフラ投資法人から
分配金をいただきましたが、
インフラ投資について少し説明したいと思います。

まず、インフラとは
団体や組織の基盤・下部組織という意味があるインフラストラクチャー(infrastructure)
の略語で、経済や社会の基盤となる
施設・設備のこといいます。

経済的な基盤とは様々あり
道路、橋、送配電施設、ダム、ガス
等様々あります。

そしてインフラ投資というのは、
そのような施設に間接的に投資することをいいます。

これからはエネルギーの問題もありますし、
尚且つ生活にかかせない設備でもあるので
このような設備に投資することは
非常に重要なことだと感じています。

そして、必要不可欠な設備、施設であるほど、
景気変動の影響を受けづらいので、
安定的な稼働が期待できます。

したがって、株式との連動性が低く
分散投資の効果も発揮できると言えるでしょう。

私は少額しか投資を行っておりませんが
時期を見て買い増し、
新規購入しても良いと思っています。

あとこれは人にもよるかと思いますが
様々な設備が整うことで、世の中が住みやすくなり、
それは目に見えて感じやすいので
もしかしたら株式以上に
投資している実感は出るかもしれません。

結論を言うと私はそれがインフラ投資だと思います。

人それぞれメリット、デメリットの捉え方、
賛否両論色々あるかと思いますが
結局の所上記で述べたことがインフラ投資の
本質だと思います。

投資の考えとは少しズレた考えになるかもしれませんが
みんながインフラ投資に興味を持って
世の中が良くなるといいと思っています。

自分が投資したお金が世の中に貢献できれば
これほど喜ばしいことはないですからね。

というか、インフラ投資というより、
そもそもこれが投資全体の本質だと思います。